自分を愛そう

こんな今こそ「保育園のあり方・保育士のあり方」を見直すいいchance。
「保育園を運営する人、保育園ではたらく人、保育園を利用する人が、最高のパートナーシップを育み、心を共にし、多様な観点を承認し合い、愛する尊いこどもたちを中心に、愛で繋がる世界観♡」私のこれからの人生の時間をそんな世界観をつくるために費やそう!と決めました。(それは保育に関わる人だけでなく、社会全体が一体となっていけたらいいな。)
そのためには保育に携わる人たちが、心豊かに生きる価値観を手に入れていけたら最高だと思う。
それは究極「自分を大切にする」ということ。
保育士が職場で人間関係で苦しんだり、比較して自信を失ったり、誰かを妬んだりすることなく、幸せに働いてほしい。
きっと「多様性」という言葉の本質も私たちは学ぶ必要があると思う。
多様性=日本人とアメリカ人みたいに捉えてることが多い。隣にいる人だって誰一人として同じ人はいない。親子でも兄弟でも、夫婦でも全く同じ価値観の人はいなくて皆違った価値観を持っている。
まずは自分を愛そう。可愛がろう。
自分を可愛がるというのは、自分を甘やかすことではない。
まずは自分の良いところも苦手とするところも、すべて私だと、認めてあげよう。